<< 大失敗 | Main | ツイッター@ひでき >>
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 
 
ピアス 


去年の4月、
川崎で路上をやっていたら、
2人の少年が
立ち止まった。
彼らは就職が決まっていて、
次の日の朝には、
それぞれの配属先へ
向かわなければいけなくて、
関東にいられるのが
最後の夜だったと
言っていたと思う。

路上をやるのが夢だと語っていた。
歌いたいと言っていた。

一人の男の子の為に
ひでちゃんはギターを弾いて
その男の子にコブクロの歌を
「一曲歌って」と言った。
川崎の夜空に
その男の子の歌声が響いた。

別れの時が来て
「何処行っても頑張れよ」って
「音楽で繋がってようね」って
笑顔で手を振って別れた。

あれから10ヶ月。

私の携帯に
普段は来ない子から
メールが来た。
その男の子だった。

「東京の本社に
行く事になったんだ。
まだHINAは音楽やってる?
皆に会いたいな。
皆と歌いたいな。」

私は知り合いの
川崎が近い音楽人に
声をかけた。
そして、皆で
音遊び@路上を
する事になった。

初めて会った時
確か、その男の子は
ギターのコード一個すら
抑えられなくて
カバーを歌う事しか
していなかったと思う。

それが、10ヶ月ぶりに
会ってみたらどうだろう。

アコギを弾いて
コードを抑えて、
オリジナル曲を
楽しそうに歌っていた。

ちなみにオリジナル曲は
何曲くらいあるの?と
聞いてみたら
「15くらい」という答えが
返ってきた。

目ん玉が飛び出た。
度肝を抜かれた。

新入社員で
音楽に触れる時間も
なかなかないんじゃない?と
聞いてみたら
「朝、家を出る30分前に
一曲作るんだ」
という答えが返ってきた。

歯ん玉も飛び出た。
肝臓腎臓、全部抜かれた。

本社の帰り
同期の打ち上げにも行かないで
10ヶ月前の残り香しかない
私達に会いたいと
真っ先に思ってくれた
その子の愛というか
情熱というか
真っ直ぐさというか
そういった類のものに
酷く驚かされた。

私は10ヶ月
何をしてただろう。

そこそこ歌って
そこそこブログ書いて
そこそこ引きこもって
そこそこ無職で
そこそこ笑って
そこそこ泣いて

そこそこ生きてるだけだった。

何かに、そんなに
真っ直ぐに
打ち込めてた?
何でもできる時間を
毎秒、自分で殺して
「何にもできない」って
嘆くばっかりじゃなかった?

やる奴は
どんな環境にいても
どんな毎日を送ってても
やるんだと思った。
痛感した。

そして、やらない奴は
どんなに恵まれてても
どんなに猶予があっても
動かないんだと悟った。
悲しくなった。

頑張ろうと思った。

すごく、抽象的だけど。
頑張ろうと思ったんだ。
私。

やる奴の背中は格好いい。
とても凛々しい。
とても眩しい。

自分と違いすぎて
恥ずかしい。

思わず、下を向いて
猫背になって
しまいそうだけど
そこはぐっと
持ち直して、
前を向いて
前にいる誰かを
追いかけていられるように
頑張りたい。

頑張りたいです。




画像のピアスは
52円で買った一品。
可愛いでしょ(^ω^)
このピアスに誓うんだ。

まずはお仕事を頑張る事。
(ニートもやればできる絶対できる)
| - | 03:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 
 
| - | 03:27 | - | - | pookmark |
 
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://hina0710.jugem.jp/trackback/48
TRACKBACK